オリジナリティー溢れるポストカード印刷の裏技

ポストカード 印刷

ポストカード印刷を請け負う会社は多く、オンデマンドといわれるネット上でのやり取りでデザインから印刷までを行ってくれますが、テンプレートを利用した方法が多く、どこか似たり寄ったりのポストカードになります。もちろん用紙を選んで、最初からデザインを作って依頼することも可能ですが、多くの枚数をお願いすることになるので、少数のポストカードが欲しい時には非効率的です。そんな時自分でオリジナルのカードを作成し、自分で印刷する方法があります。この時、画像ソフトや、はがき作成ソフトを利用して作る人は多いです。特に年賀状の時期には多くの本が発売されており、気軽に使うことができます。ただこれらに頼らない方法として、文書作成ソフトや表計算ソフトを使って作成する方法もあります。印刷機能の中にハガキサイズが指定できる設定があればポストカードを作ることはできます。

自分でポストカードを印刷する場合、コンビニという方法もある

オリジナリティーのあるポストカードを作ることは本人のセンスに寄るものですが、皆が使っているハガキ作成ソフトを利用すると、素材や実例の印象が大きくなりオリジナリティーが無くなる場合もあります。ただアイデア1つで、いくらでも作ることができるので、アイデアを実現できるソフトを選ぶ必要があります。そして印刷はさらに簡単です。ご家庭にプリンターがある方は、そちらの設定に合わせて印刷をすればよいだけです。印刷機能にはプレビュー機能もありますので、設定を確認しながら印刷を試すことで完成します。そして家にプリンターが無い方はコンビニのプリンターで印刷をすることができます。現在はマルチプリンターを採用しているコンビニが多いので、作ったデータをPDFファイルやJPEG形式にしてUSBメモリに入れて印刷することができます。ただしコンビニによって方式や機種が違うので、確認が必要です。

ポストカードの紙の質が印刷を左右することもある

ポストカードのオリジナリティーを求める場合、一番オリジナリティーが出るのは、手書きです。切り絵やちぎり紙、絵筆などを使って作る、まさにこの世にひとつだけのオリジナルのポストカードです。ただ一度に何枚も作ることは難しい作業です。たとえば絵筆やちぎり絵など、平面の作品に関しては、スキャナを利用してデータとして取り込んでデジタルデータにして、何枚も印刷することが可能になりますが、質感までが表現されるのかはプリンターに寄ります。もしこの時に、より高性能なプリンターを利用したい場合は、写真屋や印刷会社に依頼をすることで、家にあるプリンターよりも高度な機材を置いているので、より鮮明な印刷をしてくれます。また用紙とインクの相性などもありますので、アドバイスも貰えます。自分で印刷をする場合、紙や印刷モードを確認しながら、試してほしいです。